2010年06月12日

香港発ヨハネスブルグ行

以前、ヨハネスブルグはハイジャック(カージャック)が多いと書いたことがある。
数年前、私の知人の高級車が駐車場から盗まれて、アフリカ大陸の中央で見つかったことがある。その知人は「何万キロも乗られた車なんて、もう私の車ではない」と言ったのを覚えている。
たぶん保険に入っていたので、お金が戻ってくることを希望していたのであろう。

私はこの盗まれた車は一体どのルートを通って運ばれるのか気になっていた。
ナミビア経由は難しそうだし、ボツワナやジンバブエ経由も国境越えが難しいと思っていた。
たぶんモザンビークだろうとは思っていたが、どのルートか興味があった。

香港発南アフリカ行の飛行機の中にあった、南アフリカの新聞「サタデー・スター」に記事があった。
ヨハネスブルグから東南に向かい、スワジランドの南を通ってモザンビークに運ばれるらしい。
モザンビークの写真も載っていたが、悪路の中を行くらしい。

ヨハネスブルグからモザンビークへ行く道は、以前、「コージーベイ」という旅行記で書いたことがある。
私をこの旅行に連れて行ってくれた知人は、「インド洋沿いの砂浜は、南アフリカからモザンビークへ簡単に入ることが出来る。
パスポートなしで」と言っていた。

vjsa202a.jpg


posted by southafrica at 18:11| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 滞在記・2002年夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

香港で南アフリカ行に搭乗

無事に香港でタバコを吸い、ラーメンを食べることが出来た。
2月3日23時40分発のキャセイ便は、やや遅れて2月4日0時5分に離陸した。
時計を6時間遅らせて、南アフリカ時間の2月3日18時05分にセットした。
機内にあった南アフリカの新聞サタデー・スターを見ると、ヨハネスブルグの気温は15〜28℃とあった。
18時30分、飲み物が出され食事になった。
赤ワインを飲んだので、食事が終わらないうちに寝てしまった。

何度かウトウトしたが、気がつけば南アフリカ時間の2月4日2時34分、モーリシャス上空であった。
モーリシャスの首都ポートルイスに向かって一直線に来た飛行機は、ここで進路を少し右にかえ、レイユニオンの上空を通りマダガスカル南部に向かう。

東の空が少し明るくなってきた。
「もうすぐマダガスカルか。やっとアフリカに来た」という気がした。
3時35分、機内の灯かりがついた。
もうすぐマダガスカル上空である。
4時00分、マダガスカル上空を出ようとしていた。
窓の外に見える地平線はオレンジ色になっていた。
南アフリカに来るには、今回が最後になるかもしれない。
「もうこの地平線を見るみることもないだろう」、「どうせ最後ならば余裕をもって滞在したいと思うが、仕事、家庭の状況がゆるすだろうか?」と思った。

4時05分、やっと朝食が出た。
4時20分、まだデジカメで空を撮影するには早いだろう。
4時50分、マダガスカル海峡のど真ん中の上空である。
地平線がオレンジ色に変わった。
マダガスカル上空を出たところで飛行機は左に進路を変えて、ふたたびヨハネスブルグに方向を合わせた。

5時05分、太陽が見えた。
5時15分、もうすぐアフリカ大陸のモザンビーク上空に入る。
5時30分、アフリカ大陸上空に入った。
5時40分、もうすぐヨハネスブルグである。
タバコを早く吸いたいが、そんなに慌てることはない。
早く出ても税関で手荷物をチェックされるだけである。
ユックリと入国審査をして、ユックリと荷物を受け取ろう。
6時00分、機内放送があった。
ヨハネスブルグの気温は15℃。
6時10分、ほぼ定刻にヨハネスブルグ国際空港に到着。

入国審査官は3人しかいなかった。
一人5分ほどかかっている。
約40分またされて入国審査が終わった。
入国審査の時に日本人の方にあった。
国内線に乗り継いでダーバンへ行き、1週間いるといっていた。
国内線の乗り場を聞かれたので説明して、「荷物に注意して下さい」と言った。
この入国審査で40分、さらに荷物検査で時間をとられれば、乗り継ぎが厳しくなるだろう。
うまく乗れただろうか?

税関を通ったが、だれも荷物のチェックをされていない。
白人の審査官が「目的と滞在先」を聞いた。南アフリカの会社の名前を言うと「OK」と言った。
「スーツケースの中は?」と聞かれたので、「滞在用の日本食です」と答えた。
「しまった」と思った。
中をチェックされるかもしれない。
検査官は「パックしてありますね」と言って、「行きなさい」と言った。

待合所に出ると知人が迎えに来ていた。
空港からN12道路で田舎町へ向かった。
道端にはコスモスが咲き始めていた。
「もうコスモスが咲く季節ですか?」と聞くと、今年は気候がすこしおかしいらしい。
知人は「昨日、ヨハネスブルグのローズバンクで、春の10月頃に咲くジャカランダの花が咲いているのを見た」と言った。
今年は少し異常気象みたいだ。

vjsa201d.jpg

vjsa201e.jpg

vjsa201f.jpg
posted by southafrica at 17:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 滞在記・2002年夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

2002年・南アフリカ行、お土産はホッカイロ

朝から雪が降り出した。
庭には先週降った雪が解けないで残っていた。
昨年の12月は、香港で南アフリカ航空の飛行機が到着していなくて12時間遅れとなり、香港で1泊することになってしまった。
今回は香港発南アフリカ行きをキャセイ・パシフィック航空にしたが、この雪のために成田発の飛行機が遅れなければよいが。

何か忘れ物をしたような気がする。
女房が「寒いだろうからホッカイロを貼ったら」と言った。
そうだ、昨年末に南アフリカに滞在していた時、友人に「今度来る時、ホッカイロをお土産に持って来てくれないか?」と言われていたのだ。
今、南アフリカの気温は25℃以上の真夏である。でも冬は0℃近くになる。
「今、日本は冬だから、ホッカイロが買えるだろう」と言われたのだ。
友人は数年前の真冬に日本に来て、ホッカイロがあまりにも便利だったため、南アフリカにお土産として買って帰り、奥さんに大好評だったのだそうです。
途中のホームセンターでホッカイロを買った。

駅でジャケットを脱いで女房に渡した。
外は雪が降っていて寒い。
成田まで電車の中なので大丈夫だろう。
でも日暮里駅の乗り換えで寒いかもしれない。
このままジャケットを南アフリカまで持って行くのはいやだ。
成田空港から自宅へ宅急便で送ることも可能だが、ジャケットの値段よりも宅急便の送料のほうが高いだろう。
「もし2月下旬に帰って来る時、寒いと思ったら南アフリカでバファナ・バファナのジャケットでも買おう」と思った。

11時21分、電車は発車した。
「窓の外の雪景色を、デジカメで1枚ぐらいは撮っておこうか?」と思った。
これから南アフリカまで行こうとしているのに、ワクワクもドキドキもしなかった。

13時35分、日暮里駅に到着した。階段を登るのに荷物が重過ぎた。
ビジネススバッグの半分には、パソコンとプリンターが入っている。
ビジネスバッグの半分には、大き財布が3つ、システムノート(パスポート、カード、航空券などがの書類が入っている)である。
バックパックには、お土産のホッカイロ、スペアーのズボン、半袖のポロシャツが2着、靴下が3足、髭剃り。
このバックパックには空港で買うお土産用のウイスキーとタバコを入れるつもりである。

「ホッカイロが重いので、宅急便で空港に送ってあるスーツケースに入れるべきだろうか?」、「スーツケースに入れて、もし傷でもついて発熱したらどうなるのだろうか?」、「バックパックに入れておいて、南アフリカの空港の税関で検査されたら、どう説明しようか?」と思った。
posted by southafrica at 15:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 滞在記・2002年夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。