2010年05月30日

南アフリカの床屋さん

南アフリカで撮影した写真に写っている私は、髪がボサボサに伸びている。
数ヶ月も滞在していると、床屋さんへ行かなければならないが、週末は休業でなかなか行くことが出来ないのだ。
ウイークデーに会社を抜け出して行くことになるのだが、予約制のためなかなか時間の調整が難しい。
それに英語で予約するのが面倒なのである。

今回、南アフリカに到着した時は、日本で大風邪を引いていたため床屋さんに行くことも出来ず、すでにボサボサであった。
「南アフリカで床屋さんへ行けばよい」と思っていたが、ついつい行きそびれて、床屋さんへ行ったのは帰国の数日前であった。

夕方、床屋さんへ行った。先約があるというので1時間待たされた。
「シャンプーをしますか?」と聞かれたので、「いりません。カットだけにして下さい」と答えた。
「どのようにしますか?」と聞かれたので、「ミディアム」と答えたが、肉の焼き方の注文ではおかしいので、髪を半分摘んで「ハーフ」と言い直した。
デコボコに刈っているのは分かっているが気にしない。

約15分で散髪は終った。私のようにヘアースタイルを気にしない者にとっては、南アフリカの床屋さんは便利である。
最後にドライヤーで切った髪を吹き飛ばして終了である。
日本の床屋さんのように何度も切って髪を調整しないので、細かい髪が残っていないので痒いということもない。
勿論、髭剃りない。
これで約500円である。
この内容では少し高いかも知れない。
もし髭剃りがあるとすれば、私は拒否するであろう。
もし剃刀で皮膚に傷でもつけられたら、それこそ心配である。
そうエイズ....。

南アフリカには路上の床屋さんもある。
たぶん100円程度で出来るのかも知れないが、白人の方たちは行きません。

vjsa112g.jpg


posted by southafrica at 20:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 滞在記・2001年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。